東海大学湘南校舎体育会
ラグビー部

menu

NEWS

【マッチレポート】2022年度関東大学リーグ戦1部 立正大学戦

2022年9月24日(土)試合前には雨が上がり曇り空の中、関東大学リーグ戦の第2戦が埼玉熊谷ラグビー場にて行われた。東海大学(以下東海)のスターティングメンバーには、スピードと高い運動量を持ち合わせる④椎名耀ニ(3年:幕張総合)が初選出され、リザーブには、高いディフェンス能力とスピードを持ち味とした㉓田中挑(3年:東農第二)が選出された。

前半

立正大学(以下立正)ボールでキックオフ。

試合の入りから積極的にボールを展開する東海は、前半3分、ハーフエイラインからのラインアウトを7番レキマがラックを作りそれを起点に逆サイドをフォワードが攻め、回り込んだ所を⑩武藤(3年:東海大大阪仰星)が抜け出し、内側をサポートしていた②-⑨とボールをつなぎ、⑨清水麻貴(4年:東農大二)がゴール中央にトライ。⑩武藤のキックも決まり、7-0と先制する。

前半8分敵陣でボールを展開し、22m付近まで攻め込んだ東海は、相手のラインオフサイドでペナルティーを獲得し、ラインアウトを選択する。モールを形成した東海は、そのまま押し込み⑤ワイサケ・ララトゥブア(4年:Ratu Sir Lala Sukuna)がトライを決めリードを広げる。⑩武藤のキックも決まり14-0とする。

前半14分、自陣から積極的にボールを展開する東海は、敵陣10mで再び相手のラインオフサイドを獲得。ラインアウトを選択し、モールを形成するもディフェンスに阻まれてしまう。しかし、フォワード陣の連続攻撃から相手右のスペースを東海バックスが一つ一つボールをつなぎ、最後は⑪岡村優太(2年:東海大大阪仰星)がトライを決める。難しい角度のキックも決まり21-0とする。

前半18分、センタースクラムからアドバンテージを獲得したままボールを展開する東海は、⑩武藤が左に大きく開いたスペースにキックパス。⑭照屋林治郎(4年:保善)がキャッチし、そのまま相手ディフェンスを振り切りトライ。⑩武藤のキックも決まり28-0とさらにリードを広げる。

前半24分、立正のキックしたボールを後ろに下がっていた⑩武藤がキャッチすると、ディフェンスにきた相手選手を交わし、そのままゴール前5メートルまで攻め込む。最後は⑨清水が持ち出しトライを決める。⑩武藤のキックも決まり、35-0と相手を寄せつけない。

前半29分相手のペナルティからタッチラインにキックを蹴り出し、ゴール前5メートル付近でラインアウトを獲得。ボールを展開し、⑦レキマ•ナサミラ(4年:Ratu Navula secondary school)が相手ディフェンスを押し切りトライを決める。⑩武藤のゴールキックも決まり、42-0とする。

前半32分。自陣ゴール前での相手ボールスクラムから相手のショートサイドの仕掛けに対応できずトライを許してしまう。42-7となる。

前半40分。自陣ゴール前での相手ボールのスクラムから立正が順目に攻撃を仕掛ける。それに対応した東海のディフェンスが順目に周りすぎ、空いた逆スペースを攻められトライを決められる。42-14となりこれが最後、相手が息を吹き返すトライとなってしまう。

後半

立正ボールでキックオフ。

後半9分、東海は自陣22メートル付近でのスクラムで反則を犯し、立正にフリーキックを与えてしまう。そこから立正はクイックでプレーを再開し、トライを奪われてしまう。ゴールも入り、42-21となる。

東海も力強いアタックを仕掛ける。

後半23分、東海は敵陣でのラインアウトからアタックを展開。連続攻撃を仕掛け、ペナルティーを獲得すると、ラインアウトを選択。ラインアウトからモールを形成し、ゴール前まで押し込むが、ミスをしてしまいトライとはならなかった。

後半25分、⑮谷口宣顕(3年:東海大大阪仰星)の好キックで昨年から採用されたルール50-22陣地大きくを回復し、チャンスを得るが、その後のラインアウトでミスを犯してしまい、なかなかトライに結びつけることが出来ない。

後半30分、⑭照屋が相手キックをキャッチすると、そこから大きくボールを展開する。㉑竹田怜央(3年:東海大大阪仰星)のすばやい球捌きで相手ディフェンスラインを何度も突破。最後は、ボールを受けた⑪岡村がトライを奪取した。ゴールは外れ、47-21となる。

後半46分、自陣ゴール前での相手ボールスクラムからのアタックを、東海は固いディフェンスでトライを奪わせない。最後は立正のノックオン。47-21で試合終了。

関東大学リーグ戦の第2戦目となる立正大学戦は、東海の展開力の光る試合となった。前半は持ち味を発揮し点数を重ねることができていたが、後半にミスが重なってしまい、追加点を取ることができなかった。次戦の法政大学戦では、今回の課題を修正し、今季リーグ戦2連勝目を狙う。

pagetop