東海大学湘南校舎体育会
ラグビー部

menu

NEWS

【マッチレポート】2022年度関東大学リーグ戦1部 東洋大学戦

2022年9月11日(日)、関東大学リーグ戦の初戦となる試合が、秩父宮ラグビー場で行われた。東海大学(以下東海)のメンバーには、ルーキー薄田周希(1年:東海大大阪仰星)と北村光基(1年:東海大大阪仰星)が選出され、初めてファーストジャージに袖を通した。

前半

東洋大学(以下東洋)ボールでキックオフ。

前半から東海は、キックとパスを織り交ぜた攻撃により敵陣に攻め込む。

前半6分東洋は自陣10メートル付近でのラインアウトからサインプレー。オーバーボールにうまく合わされトライを許し、0-5と先制点を取られてしまう。

前半13分相手のペナルティーからタッチに蹴り出し、ゴール前でのラインアウトを獲得する。しかし、ラインアウトのボールがまっすぐ入らず惜しくもトライには繋がらなかった。

自陣からボールを回す東海は、再び相手のペナルティーを獲得し、敵陣22メートルからモールを形成。しかし、相手のディフェンスに阻まれボールを出せなくなってしまい、またもトライに結びつけることが出来なかった。

前半24分、東海のディフェンスから相手のペナルティーを獲得し敵陣深くまで攻め込む。敵陣ゴール前でのスクラムから⑫伊藤峻祐(4年:桐蔭学園)が走り込みラックを形成。そこにスピードよく走り込んだ⑦レキマ・ナサミラ(4年:Ratu Navula secondary school)が抜け出し中央にトライ。➉武藤ゆらぎ(3年:東海大阪仰星)のゴールも成功し、7-5と逆転する。

前半37分自陣22メートル付近のスクラムからペナルティーを犯してしまい、東洋のクイックスタートからボールを回されトライをされてしまう。7-10と再びリードされる。これが前半最後のトライとなる。

後半

東海ボールキックオフ。

後半2分、敵陣22メートルフリーキックを得ると⑨清水麻貴(4年:東濃大二)がクイックスタートで、一気に仕掛ける。②下江康輔(3年:東福岡)がボールをもらい、ブレイクダウンを作ると⑨清水の素早いリサイクルから⑦レキマがパスを受け、トライをねじ込んだ。ゴールも成功し14-10となる。

後半6分、東海は敵陣ゴール前でラインアウトを獲得するとモールを形成。力強く押し込み、⑦レキマがしっかりとグラウンディングし、トライとなる。ゴールはそれるも19-10と東洋を突き放した。

後半開始早々連続でトライを奪い、その後も中盤付近での攻防を繰り返した東海だが、ミスが目立ち自陣に食い込まれてしまう。

後半19分、自陣での攻撃を粘り強いディフェンスで止めてきた東海だったが、ゴール前でのペナルティーからクイックスタートに反応しきれず、東洋にトライを許してしまう。ゴールは外れ、19-15となる。

後半23分、東洋は東海陣内でのラインアウトからモールを形成。そのまま押し込み東海からトライを立て続けに奪い、この得点により東海は、スコアを19-22と逆転されてしまう。

東海も負けじと攻撃を仕掛ける。後半30分、ハーフウェイライン付近のラインアウトから大きくアタックを展開。⑪岡村優太(2年:東海大大阪仰星)がゲインラインを突破し、⑭照屋林治郎(4年:保善)に繋ぐ。⑭照屋がそのまま走り切り逆転に成功する。ゴールは外れるも、2点を勝ち越し、24-22とする。

しかし、後半35分、東洋の連続攻撃に、前に仕掛けるディフェンスで耐えるも、大外での攻撃を止めきれずトライを奪われ、24-27となる。

トライを取らなければ負けてしまう状況で、後半40分、敵陣でのマイボールペナルティーから、➉武藤がタップキックでプレイを再開すると、そこから連続攻撃を仕掛ける。しかし、東洋のディフェンスに阻まれ、なかなか壁を破ることができない。最後は東海がミスをしてしまい、24-27で試合終了。

関東大学リーグ戦の第1戦目は、東海にとって課題の残る悔しい結果となってしまった。リーグ戦初戦を勝ち星としてチームに追い風を吹かせたかったものの、終始、東海側にミスが目立つ試合となった。試合中盤では、東海の持ち味の早いラグビーが展開される場面もあったが、トライに結びつけることが難しかった。次戦の立正大学戦では、今回の課題を修正し、今季リーグ戦1勝目を狙う。

pagetop