東海大学湘南校舎体育会
ラグビー部

menu

NEWS

【マッチレポート】第11回関東大学春季大会 明治大学戦

2022年6月5日(日)、関東大学春季大会の4戦目である明治大学戦(以下明大)が福島県のいわきグリーンフィールドで行われた。東海大学(以下東海)は主将伊藤峻祐が教育実習により不在だったが、㉑川久保瑛斗(1年:長崎北陽台)、㉕大森光(2年:熊本西)、らが初めてメンバーに選出。㉖山崎悠馬(2年:磐城)は、地元での試合で初のメンバー入りとなった。

前半

明大ボールでキックオフ。

3分、東海は敵陣22m付近明大ボールのラインアウトアタックを前に出て止めると②下江康輔(3年:東福岡)のジャッカルによりペナルティを獲得。⑩武藤ゆらぎ(3年:東海大大阪仰星)のPGが成功し3点を先制し3-0とする。

3-0

13分、東海は自陣10m付近のマイボールのスクラムから大外に展開すると⑪岡村優太(2年:東海大大阪仰星)がDFラインを突破。⑪→⑮→⑭とパスを繋ぎ⑭中川湧眞(2年:京都成章)がそのまま走り切りトライ。⑩武藤のゴールも成功し10-0となる。

10-0

続いて東海が連続で得点を奪う。19分、ハーフライン付近からの東海ボールのスクラム。スクラムからボールが出ると、⑫今村泰士(4年:筑紫)から内にパス、⑭中川がボールをもらう。⑭中川が鋭いランで相手を振り切り中央にトライする。ゴールも成功し17-0と突き放す。

しかし21分、明大は、ペナルティを獲得するとクイックで再開。東海は隙をつくアタックにディフェンスを整備できずトライを許してしまい17-7となる。

17-7

前半20分以降、東海・明大共に攻撃を継続し敵陣まで入るも、繋ぎきれずミスが続いた。

41分、明大はハーフライン付近でペナルティを獲得しラインアウトを選択。しかし、ゴール前の、東海の必死のDFを前にミスを犯し東海がトライを防いだ形で前半を終えた。

17-7

後半

3分開始早々明治のペナルティから東海のチャンスになる。敵陣ゴール前で東海はアタックを試みるもミスをしトライできず。

8分ハーフライン付近、東海はラインアウトをスティールされ、明治にエリアを奪われるも、⑮照屋の好キックで50-22を獲得し、ラインアウトを獲得する。東海ボールラインアウトからモールを形成しゴール前まで押し込むも東海のミスにより、またもトライを奪いきれない。

しかし12分、再度、敵陣ゴール前で東海はラインアウトモールを形成するとそのまま押し込み⑦レキマ・ナサミラ(4年:Ratu Navula Secondary School)がしっかりとボールを押さえ追加トライを奪う。ゴールは左にそれるも、22-7となる。

17分、東海は明大の連続攻撃を自陣で止め続けるも、明大FWに突破を許しトライを奪われる。ゴールは外れて22-12となる。

28分、東海は敵陣ゴール前でのスクラムから、FWでのサイドアタック。最後は⑦レキマ→④朴淳宇(3年:大阪朝鮮)にオフロードパスを繋いでトライを奪う。ゴールも成功し29-12となる。

さらに30分、キックオフレシーブから⑩武藤が右ショートサイドでDFを抜くと⑩→⑭→⑨とパスを繋ぎ、⑨清水麻貴(4年:東京農業第二)が走り切りトライを奪う。

ゴールも成功し36-12とさらに突き離す。

34分、キックでエリアを獲得する時間がない明大は連続攻撃を展開し、途中ボールが後ろにそれるシーンがあるも、東海のディフェンスは守りきれずトライを許してしまい36-17となる。

36分、東海は敵陣ゴール前のラインアウトからボールが奪われそうになるもなんとかキープする。そこから連続で攻撃を仕掛け、相手のギャップを見極めた⑩武藤のロングパスを⑭岡村がしっかりとキャッチしトライを奪う。ゴールもしっかりと決め、43-17となる。ここで勝利を確定的なものにした。

40分、ここからロスタイムは6分。東海は、リザーブメンバーを全て投入。明大の連続攻撃に押され、10フェイズ以上攻め込まれ。最後は走り負け、トライを奪われて43-24、明治ゴールキック成功、試合終了の笛が鳴った。

関東大学春季大会の第4戦目は、近年東海のターニングポイントで高い壁となって立ちはだかってきた明治大学を相手に、相手をしのぐ得点力で、快勝。しかし、コンタクトシーンで当たり負けるなど課題も多く、特にラインアウトが不安定であることが浮き彫りとなった。

次戦は春季大会初優勝がかかる帝京大学戦。今回出た課題を次戦までに修正し、全勝優勝を目指す。

pagetop