東海大学湘南校舎体育会
ラグビー部

menu

NEWS

【マッチレポート】2021年度関東大学リーグ戦1部 大東文化大学戦

2021年10月9日(土)、強い日差しが照り付ける中、関東大学リーグ戦の2回戦が東海大学湘南校舎ラグビー場で行われた。東海大学(以下東海)はWTBに今季初スターティングメンバー入りとなる俊足の⑭千葉真之亮(4年:仙台育英)、リザーブメンバーには強い体幹を活かしたステップが持ち味の㉓照屋林治郎(3年:保善)を起用した。

前半
序盤から一気に自陣に攻め込まれた東海だったが、3本連続で相手ラインアウトボールを奪い、8分には⑬伊藤峻祐(3年:桐蔭学園)のビッグタックル、⑦ジョーンズリチャード剛(4年:伏見工業)のジャッカルとこの日を象徴する攻撃的なディフェンスでピンチを脱出した。
15分、東海大はスクラムでペナルティを獲得し、⑫丸山凜太朗(4年:東福岡)の裏へのキックとラインアウトモールから展開した後の⑩武藤ゆらぎ(2年:東海大大阪仰星)の裏へのキックでチャンスを演出するも、味方に繋がらずトライとはならなかった。

試合が動いたのは17分、⑨柴田凌光(4年:秋田工業)からのパスを⑤ワイサケ・ララトゥブア(3年:Ratu Sir Lala Sukuna)がスピードをつけて貰い、抜け出し、⑧ノア・トビオ(4年:札幌山の手)に繋いでトライ。ゴールも成功し7-0とする。
24分、⑧ノアのキックチャージからターンオーバーすると、⑨柴田が裏のスペースへ大きくキックし陣地を回復する。そこから相手のキックカウンターにプレッシャーをかけノックオンを誘い再び東海ボールにする。
31分、大東文化大学(以下大東)のキックカウンターで大きくゲインを切られるが、⑥アフ・オフィナ(2年:東海大福岡)の突き刺さるようなタックルでミスを誘い、ターンオーバー。そして人数の少なくなったショートサイドに展開し、⑪谷口宜顕(2年:東海大大阪仰星)が抜け出すが、惜しくも前へのパスと判定され得点のチャンスを逃す。

36分、東海は得意のスクラムで相手のミス誘いペナルティを獲得。その後、⑥アフのジャッカルからショートサイドに展開、そこから⑩武藤が抜け出し、⑭千葉と繋ぎ、⑪谷口のトライ。ゴールも成功し14-0 で前半を終えた。


後半
開始早々、敵陣ラインアウトから東海ボールでスタートするがノックオンをしてしまい、ターンオーバーされる。そこから相手に展開され大きくゲインを切られ、自陣ゴール前に迫られるが、ラインアウトから⑩武藤のキックでピンチを防ぐ。

5分、大東がキックカウンターから攻撃を再開するが、⑧ノアと①木村星南(4年:大産大附属)がラックにプレシャーをかけてたペナルティを獲得。そこからラインアウトを選択し、攻撃を再開しようとするがノットストレートでチャンスを広げられない。
13分、スクラムから⑩武藤が抜け出し大きくゲイン。そこから、⑫丸山→⑬伊藤→⑮野口幹太(4年:東京)→⑪谷口と繋ぐもラストパスがスローフォワードを取られ、チャンスを活かしきれない。
そしてその直後、大東のキープレイヤーに自陣深くまで攻め込まれるが、相手のオフロードミスによりターンオーバーに成功。そしてキックカウンターから⑮野口が抜け出し、⑨柴田に繋ぎ、そのままトライ。ゴール成功21-0とリードを広げる。

21分、相手のショートサイドへの展開から裏に抜けられるも、⑦ジョーンズがカバーディフェンスで相手をタッチラインに押し出しピンチを防ぐ。ここで、攻守ともに力強いプレーでチームに貢献していた⑥アフに代わり⑳レキマ・ナサミラ(3年:Ratu Navula)を投入。
なんとかトライを取りたい大東は、東海ゴール前ラインアウトからモールを作り、そのまま押し切り東海からトライを奪う。ゴールは決まらず21-5と点差が縮まる。

しかし東海も同じように大東ゴール前ラインアウトからモールを作ると、そこからバックスが大きく展開し、⑩武藤のロングパスから⑪谷口に繋ぎ、トライ。ゴールも成功し28-5と再び突き放す。

その後も東海は、⑳レキマがジャッカルでターンオーバーし、⑪谷口→⑤ワイサケ→⑫丸山と繋ぎ、そのままトライ。ゴール成功 35-5。またたて続けに、相手ペナルティを㉑竹村嶺(4年:東福岡)の好判断でクイックスタート、⑩武藤→⑫丸山と繋ぎ、ラストパスを受けた⑪谷口がトライ。ゴールも成功し、42-5で試合終了。

ディフェンスの時間が長く、大東の猛攻を受けるが、激しいタックルとブレイクダウンでプレッシャーをかけ、失点を最小限に抑えた。

POM(プレイヤーオブザマッチ)には、高いワークレートで計3トライを挙げ、ディフェンスで相手の攻撃を一撃で仕留める激しいタックルを見せた⑪谷口が選出された。

pagetop