東海大学湘南校舎体育会
ラグビーフットボール部

menu

NEWS

【マッチレポート】関東大学リーグ戦 1部 第3戦 vs拓殖大学

9月14日(土)2019関東大学ラグビーリーグ戦1部第3戦、拓殖大学戦が上柚木公園陸上競技場(東京都)にて行われた。この試合を終えるとラグビーワールドカップのためリーグ戦は一時中断。3連勝を収め、11月の日本大学戦に繋げたい。
スターティング15には、⑤中村匡汰(4年:東海大相模)⑦山田生真(3年:東海大仰星)が2試合ぶりにメンバー入りを果たした。
これまでのうだるような暑さがなくなった15:00キックオフ。

拓殖大学戦メンバー15.png

拓殖大学戦メンバー15(リザーブ).pngー前半
東海大のキックオフで試合開始。直後のラインアウトはオーバーボールになってしまうものの、慌てずラックを形成。フェイズを重ね、相手ディフェンスラインの乱れをついて、⑨山菅一史(4年:東京)→③中野幹(4年:東海大仰星)→⑦山田→⑥レキマ・ナサミラ(1年:Ratu Navula Secondary School)→⑪望月裕貴(2年:東海大静岡翔洋)とつなぎ⑪望月がトライ。幸先よく先制に成功し5-0。
IMG_9531.JPG
13分には自陣10mでターンオーバーに成功。⑩眞野泰地(4年:東海大仰星)→⑬依田朋己(4年:深谷)→⑭林隆広(2年:石見智翠館)とパスを繋ぐと⑭林が走りきり3試合連続のトライを奪い12-0。立て続けに16分、敵陣ゴール前中央ラックからパスを受け取った③中野がトライを奪い19-0。
良い流れが続くと思いきやその後は反則を繰り返してしまい、22分に拓殖大にトライを許し19-7。負けじと25分には東海大の最大の武器であるラインアウトモールからチャンスを作ると⑨山菅がボールを持ち出し、⑪望月へとパスをつなぎトライを奪い24-7。31分にもラインアウトモールで敵陣ゴールライン手前まで押し込み⑥レキマがトライ。31-7とする。前半終了間際の44分には⑪望月がトライを奪い前半だけで早くも3トライを奪う活躍。36-7で前半を折り返す。
IMG_9572.JPG

ー後半

後半開始と同時に東海大はメンバーを2人入れ替える。
①小野広大(3年:朝明)→⑯黒田宗平(3年:獨協埼玉)
⑥レキマ→⑳ジョーンズリチャード剛(2年:伏見工業)
後半に入っても東海大のアタックは止まらず3分に敵陣ゴール前ラインアウトモールでゴールラインに迫ると、最後は⑦山田が持ち出しトライ。43-7とする。
16分、東海大は2人の選手を入れ替える。
②新井望友(4年:深谷)→⑰前本健太(4年:荒尾)
⑨山菅→㉑中村友哉(3年:伏見工業)
17分に敵陣ゴール前ラインアウトモールで押し込み、替わって入ったばかりの⑰前本がトライを奪い50-7。
IMG_9915 2.JPG

得点後には4人の選手を入れ替える。
③中野→⑱前田翔(2年:東海大仰星)
⑤中村→⑲小池隆成(2年:東京)
⑧ノア・トビオ(2年:札幌山の手)→㉓吉田大亮(3年:東海大仰星)
⑩眞野→㉒塚野武(4年:京都成章)
後半も東海大が試合の主導権を握ったように見えたが、ここから交代で入ったメンバーがチームと上手く噛み合わず主導権を握ることが出来ない。ペナルティを続けてしまい、自陣ゴール前に釘付けにされると、⑯黒田が度重なるペナルティでシンビン退場になってしまう。やっとの思いで自陣ゴール前から脱出するも、39分に不用意なプレーから2トライ目を献上。試合はそのまま50-14と勝利したものの後味の悪いノーサイドを迎えた。

この日の優秀選手MOMには、1トライを奪い、セットプレーでリーダーシップを発揮した③中野が選出された。
IMG_0050.JPG
次戦は11月3日(日)東京ガス大森グランド(東京都)にて同じくリーグ戦3連勝中の日本大学と対戦します。

ここでリーグ戦は一時中断されるものの、ジュニア選手権やオープン戦は行われます。

【第41回関東大学ジュニア選手権 カテゴリー1】
9月29日(日)
対戦相手:明治大学

キックオフ:15:00

会場:明治大学八幡山グラウンド(東京都)

https://seagales.com/game/

※試合日時変更等の可能性がございます。予めご了承ください。

※HPに最新の情報を掲載致しますので随時ご確認のうえご来場ください。
応援よろしくおねがいします!!

pagetop