東海大学湘南校舎体育会
ラグビーフットボール部

menu

NEWS

2018関東大学ラグビーリーグ戦1部 大東文化大学戦マッチレポート

【王座奪還】
11月25日(日)2018関東大学ラグビーリーグ戦1部(以下リーグ戦)最終戦 大東文化大学戦が秩父宮ラグビー場にて行われました。
ついに2018年度リーグ戦も最終戦。勝利したチームがリーグ戦の覇者となる。
ここまで6戦全勝中の大東文化大学に対し、5勝1分の東海大学。
快晴の秩父宮で行われた最終戦は、最後の最後まで目が離せない激闘が繰り広げられた。
東海大学のスターティング15は、フロントローに小野、加藤、中野。セカンドローに中村、横井、バックローに山田、西川、テビタ。
ハーフバックスに山菅、丸山。ウイングに望月、杉山。センターに眞野、アタアタ。フルバックには酒井。
流通経済大学戦で負傷交代した③中野が戦線に復帰。⑬には主将アタアタが3試合ぶりとなる出場。
⑭には杉山が今シーズン初のメンバー入りを果たしました。

1X6A9535.jpg
ー前半
東海大学のキックオフで試合開始。試合は9分に動く。ラインアウトからパスをつなぎ右へと展開。⑩丸山からパスを受けた⑬アタアタが相手に当たられながらも巧みにボールをつなぎ、⑫眞野→⑮酒井→⑭望月とつなぎ、望月が二人を抜きさり先制トライを奪う。⑪杉山の蹴ったコンバージョンキックは美しい弧を描きながらHポールを通過しゴール成功。7-0。
直後の11分に大東文化大学⑧アマトに対し東海大学⑧テビタが強烈なタックルでねじ伏せる。
18分、ゴール前スクラムからチャンスを演出され最後はトライを許してしまう。コンバージョンキックも決められ7-7。
32分、敵陣ゴール前ラックから⑨山菅→⑩丸山→⑫眞野とつなぎ、もう一度丸山がボールを受け、最後は丸山が自ら切り込みトライ。杉山がコンバージョンキックを決め14-7で前半終了。
1X6A1121.jpg1X6A0950.jpg
ー後半
後半に入ると、さらに激しさが増すゲームとなる。3分、相手のキックをキャッチした⑪杉山から、ボールをつなぎ華麗なパスワークで大きく展開。敵陣に侵入すると今度は⑧テビタが中央突破で一気に前進。そこから⑨山菅→⑩丸山へとつなぎ、丸山が左に大きく空いた裏のスペースにキックで転がし、⑪杉山が抑えトライ。安定したコンバージョンキックを決め、21-7と大東文化大学を突き放す。18分、大東文化大学ボールのラインアウトから中央突破を許してしまい21-14。その後は両チーム譲らない展開が続き、東海大学も相手陣地までボールを運ぶもののトライを奪いきれない時間帯が続いた。均衡を破ったのは大東文化大学。33分にスクラムから認定トライを奪われ21-21。土壇場で追いつかれ試合を振り出しにされてしまう。リーグ戦優勝に向け勝利が絶対条件の東海大学は猛攻を仕掛ける。
決着がついたのはインジェリータイムに入った後半42分。この日も再三チャンスを創り続けたラインアウトから②加藤が今シーズン17回目のトライでとどめを刺した。最後のコンバージョンキックも杉山が決め、この試合の成功率は驚異の100%を達成。鮮烈なデビューを飾った。
ノーサイドの笛が鳴りその瞬間、東海大学の2年ぶり8回目の関東大学ラグビーリーグ戦の優勝が決まった。
MOMには試合を通して、粘り強いタックルで体を張り続けたFL山田生真が選出された。
試合後の表彰式では、Best15が発表され東海大学からは
3年LO中村匡汰
4年NO8 テビタ・タタフ
4年CTB アタアタ・モエアキオラ
1年WTB 望月裕貴
以上の4名が選出されました。
1X6A0377.jpg
1X6A9598.jpg1X6A2226.jpg1X6A2140.jpg
【試合終了後選手コメント】
・主将アタアタ・モエアキオラ
自分たちが春からやってきたことを出し切ることができたと思います。
しかし、後半になってからペナルティが増えてしまったので、修正したいです。
無理してボールを奪いに行ってしまう場面があったのでしっかりブレイクダウンのところで我慢できるようになりたいです。
どこの大学が出てきても、自分たちのラグビーをして勝ち続けたいと思います。
今年で「大学日本一」を目指せるのがラストチャンスなので、必ず「大学日本一」になりたいと思います。
・副将加藤竜聖
去年の大東文化大学戦で悔しい思いをしたので、リベンジに燃えていました。とても良い準備ができていたので自信を持って試合に臨むことができました。そのおかげで試合中の苦しい時間帯でも、自信をもってポジティブに試合を進めることが出来ました。それが最後のトライにも繋がったと思います。
これから始まる大学選手権では、もっとタフなゲームになってくるので良い準備をするためにもよりone teamの気持ちをもって1日1日を大切にしていきたいです。
・FWリーダー西川壮一
チーム全員で勝利の喜びを感じることができ、素晴らしい時間を過ごすことができました。
試合の内容は結果オーライの部分も多く、大学選手権優勝に向けてさらに磨きをかけていきます。
チームやファンの方々で掴んだ勝利だと思います。
引き続き熱い応援よろしくお願いします。
・小野広大
立ち上がりから東海大学のペースで戦うことが出来、良いリズムで試合を進められました。
ゴール前ディフェンスで守りきることができ、手応えを感じました。
後半に入っても流れを渡さずトライを奪えましたが、ペナルティを多くしてしまいリズムを崩してしまいました。
苦しい時間帯も続きましたが、耐え抜けば必ず東海大学の時間が来るとチーム全員で話していました。
最後に逆転トライ奪い逆転することができとても嬉しかったです。
前半ではスクラムを対等に組めていたのですが時間が、進むにつれ徐々に押されてしまいました。
大学選手権までには修正し、東海大学らしい力強いスクラムを組めるようにしたいです。
・中野幹
自分の弱さが見えてしまいました。
春からスクラムでターゲットとしていた大東文化に、自分達の形にさせてもらえず、相手の土俵で戦ってしまいました。
チームは勝ちましたが自分の課題は多いと感じています。
しかし、この経験を活かして、絶対に次のステップしたいと思います。
サポートしてくれた多くの人のためにも、成長したいと思います。
・中村匡汰
去年の借りを返すことができ、嬉しく思います。
しかし、まだまだ成長していかなければいけない部分があると実感しました。
東海大学の武器にしていた、スクラム、モールで通用しなかった部分もあったので修正して大学選手権に臨みたいと思います。
個人的にはもっとフィットネスをあげてハードワークできるように頑張ります。
・横井隼
大東文化大学戦では、試合の入りは東海大学らしいラグビーをすることができたと思います。
しかし、後半はペナルティーを連続してしまい、ペナルティトライを取られてしまいました。全体を通して規律を守ることができず、自分たちで苦しい時間帯を多くしてしまったと感じています。
修正点がありながらも勝って優勝することができ嬉しかったです。
・山田生真
自分たちの強みのセットプレーで試合を優位に進め、ディフェンス、アタックともに我慢するというのをテーマに臨みました。前半は自分たちのやろうとしてきたこと、やらなければならないことを出せた部分が多くありました。後半になり我慢しきれない部分が多くなってしまい、ペナルティーも増えてしまいました。しかし、最後自分たちが春から磨き上げてきたモールで勝ちきれてよかったです。個人としてはディフェンスの部分で強気にやりきることができましたが、アタックでミスを続けてしまいましたのでそこを修正したいです。
大学選手権ではそういったプレーの緩さや詰めの甘さが勝敗に繋がると思うので、練習から常に大学選手権の決勝をイメージし、まだ成し遂げれていない「大学日本一」にチームの一員として貢献したいと思います。
・テビタ・タタフ
優勝することができて嬉しいです。
我慢しなければいけないところで耐えきれず、相手にペースを与えてしまいました。
スクラムで押されてしまったのが悔しいです。
チームとしてミスを多くしてしまいました。しっかりと修正して臨みたいです。
大学選手権までに準備して、日本一になりたいです。
・山菅一史
全体的にはキックでエリアを取りディフェンスも我慢できていい流れを作ることができました。
後半、我慢できず反則を繰り返してしまいました。
これから大学選手権に入っていく中で、1つの反則が試合の流れを大きく変えてしまうので修正したいです。
・丸山凜太朗
リーグ戦を優勝することができ、とても嬉しいです。
前半から自分たちのペースで試合を運ぶことができました。
後半になると大東文化大学の時間帯が続いてしまい、主導権を握ることができませんでした。
試合前から「絶対にきつい時間帯はくる、そこを我慢しよう。」と話していました。
その言葉通りに我慢し、最後は勝ちきることができました。
たくさんの応援ありがとうございました。
・杉山祐太
今回初めてAチームとしての公式戦。さらに初めての秩父宮での試合ということで、多少の不安はあったもののほぼ緊張することなく臨むことができました。しかし、試合内容としては修正していかなければならないところが多かったので練習で修正していきたいです。
しかし、リーグ戦優勝を果たせたことは非常に嬉しく思います。
この結果に満足せず、チームとしても個人としてもさらに高みを目指して、この後の大学選手権も良い結果が残せるように精進していきたいと思います。
・眞野泰地
リーグ戦優勝できたことを嬉しく思います。
全員でやるべきことを統一し、実行出来たことが勝利の要因だと思います。
途中、ペナルティーが続くなど自分たちの規律の甘さが出てしまい苦しい状況になってしまいました。
修正して、チームとしてまだまだ成長して大学選手権に臨みたいと思います。
・望月裕貴
絶対に勝たなければいけないという気持ちで試合に臨みました。
後半、ペナルティやミスも多くなり厳しい試合展開になりましたが、今までやってきたことを出せたので勝てたと思います。
リーグ戦優勝で満足せず、大学選手権に向けてまた頑張っていきます。
・酒井亮治
勝てて本当に嬉しかったです。
チームとして前半良い形で折り返すことが出来ました。
後半ギアを上げていこうと話していたのですが、逆に流れを渡してしまいました。
個人的には課題がたくさん見えたので、大学選手権に向けて練習していきたいです。
pagetop