東海大学湘南校舎体育会
ラグビーフットボール部

menu

NEWS

2018関東大学ラグビーリーグ戦1部 流通経済大学戦マッチレポート

10月28日(日)2018関東大学ラグビーリーグ戦1部(以下リーグ戦)第5戦 流通経済大学戦が秩父宮ラグビー場にて行われました。
今シーズン初の秩父宮ラグビー場で対戦したのは、宿敵:流通経済大学。両校ここまでリーグ戦無敗。リーグ戦も残り3戦と佳境を迎える中で、2年ぶりの優勝に向け何としても流通経済大学に勝利し、残る法政大学、昨年度王者の大東文化大学との戦いに弾みをつけたい。
快晴の中11:30キックオフ。
東海大のスターティング15は、フロントローに今津、加藤、中野。セカンドローに中村、横井、バックローに深見、西川、テビタ。ハーフバックスに山菅、塚野。ウイングに望月とモリキ。センターに小野木、眞野。フルバックには酒井。
ついに⑬に眞野が今シーズン初のメンバー入りを果たした。
試合は、両者譲らない展開が続く白熱のシーソーゲームとなった。
ー前半
流通経済大学のキックオフで試合開始。
前半開始11分、流通経済大学ボールのラインアウトからチャンスを作られ、ゴール前で激しい体のぶつかり合いの末トライを許し0-7。先制点を許してしまう。直後の14分。敵陣10mラインアウトから展開し、⑧テビタが相手を切り裂きトライ。この日も⑪モリキのコンバージョンキックは美しい放物線を描きながらHポールを通過し7-7。すぐさま同点に追いつく。18分には得意のラインアウトモールから②加藤がトライを奪い難なく逆転に成功。しかし、東海大にアクシデント。③中野が負傷による交代で⑱春名が入った。迎えた31分に再びゴール前の激しい攻防から流通経済大学にトライを許してしまい、14-14。追いつかれた東海大は前半終了間際の37分に⑩塚野の相手の裏をとるキックから、激しいプレッシャーをかけ、⑪モリキがボールを奪取、そのままインゴールへ飛び込んだ。惜しくもコンバージョンキックは外れるも19-14で前半を折り返す。

1X6A2225.jpg1X6A1684.jpg
ー後半
後半開始30秒。流通経済大学の巧みなキックから個人技で早々に失点。すぐにゲームが振り出しに戻ってしまい、19-21。再び流通経済大学にリードを許してしまう。このまま引き下がれない東海大は、2分に⑬眞野のビッグタックルが炸裂。会場がどよめく。7分、東海大がまたもラインアウトモールで前進し、②加藤がトライ。26-21。このまま突き放すべく、追加点を狙う東海大だったが11分に流通経済大学にラインアウトからトライを奪われ26-26。三度目の同点にされてしまう。不穏な空気が漂う中、20分。東海大がラインアウトモールから②加藤がトライを奪い33-26。勝ち越しに成功する。
27分に、前半から豊富な運動量でチームに貢献をした⑥深見に代わって⑳山田が投入された。
そして迎えた後半27分。ボールを右から左へと大きく展開されてしまい、流通経済大学にトライを奪われ33-33。
試合終盤、流通経済大学に再三攻め込まれるも何とか粘り強いディフェンスで耐えしのぎ最終スコア33-33でノーサイド。
両校、激しく点を取り合う激闘になったが決着はつかず痛み分け。東海大がペナルティ11に対して流通経済大学は6。アタック、ディフェンスともに課題が残る結果となった。
これでリーグ戦は2試合を残して3勝1分け。次戦は、1週間空いた11月10日(土)に法政大学と今日と同じ秩父宮ラグビー場にて相まみえる。
2年ぶりのリーグ戦優勝に向けて、この試合を引きずることなく東海大らしさを前面に押し出しての勝利が必須。
1X6A3340.jpg1X6A2600.jpg
【公式記者会見】
・監督 木村季由
久しぶりの秩父宮ラグビー場で試合をすることができましたが、試合を通して、終始自分たちの形を出し切れずに終わってしまいました。引き分けで試合を終わることができてよかったと思います。多くの課題が出ました。プレッシャーがかかってきた中でのプレーの水準を上げなければなりません。試合をコントロールすることができませんでした。
【試合終了後選手コメント】
・副将加藤竜聖
自分たちのラグビーをすることができませんでした。試合を通して相手に主導権を握られ続けてしまいました。
自分たちのコミュニケーションからのミス、前の試合まで出来ていたことも出来なくなってしまいチームとしてうまく機能することができませんでした。
修正して次の戦いに備えたいです。
・FWリーダー西川壮一
今回の流通経済大学戦では、同点という結果になり悔しい気持ちでいっぱいです。自分たちで勝負をつかめない、底力の無さを感じました。
セットプレーや基本プレーなど、強いプレッシャーがかかるとできないことが多くありました。
今回の結果を受け入れて、自分たちの甘さを克服できるように全員で厳しさをもって残りのリーグ戦に挑みます。
・今津紳吾
秋シーズン初の秩父宮での試合で、いつも以上に気持ちが入っていました。
同点という結果を、真摯に受け止め、ゴール前の粘り、勝負所でのセットプレーを改善したいです。
・春名宏一
自分のプレーの甘さ、ここぞの場面でペナルティをしてしまう自分の規律の無さを痛感した試合になってしまいました。
一つ一つのプレーにこだわりを持って毎日の練習に取り組んでいきたいと思います。
・中村匡汰
自分たちの準備してきたことを出しきれずに試合が終わってしまいました。この結果をしっかりと受け止めていきたいと思います。
ラインアウトでは、90%の成功率を達成することができましたが、大事な場面でミスをしてしまいました。
法政大学戦では、細いところの精度にこだわってプレーしたいと思います。
・横井隼
ディフェンスのセットスピードが遅く、試合を通して後手を踏んでしまいました。
ディフェンスの部分で、細かいところまで突き詰めて修正していきたいと思います。
・深見瑠希
立ち上がりからペナルティなど、自分達のミスで勢いに乗り切れませんでした。プレッシャーが強い相手に対して自分たちのプレーをやりきることが出来ませんでした。
反省点はいつもの試合より多く、新たな課題も見つかりました。
しかし、FWのモールなど武器にしていたところが通用した点では手応えを感じています。
課題は改善し、強みは伸ばしてリーグ戦残り2試合を優勝に向けて頑張っていきたいと思います。
・テビタ・タタフ
応援ありがとうございました。
ディフェンスでのコミュニケーションが少なかったです。もっと隣の選手同士で声を掛け合っていく必要があります。
個人的には、ボールを奪う回数を増やし、アタックでも積極的に仕掛けていきたいと思います。
・山菅一史
ディフェンスの場面で1人1人のタックルが甘く、ペナルティーを多くしてしまいました。
相手に簡単にトライをとらせてしまった場面もありました。
個人としては、ボールをさばくスピードをあげていきたいと思います。
・塚野武
全体を通してゲームの入りの部分、多くのペナルティーをしてしまったことで自分達のリズムを崩してしまいました。
勝負所でトライを取りきれなかったのが勝ちきることができなかった要因だと思います。
チームとしては自分達のやるべき事、強みが出ている局面では得点に繋がっていたと思います。
自分たちの強みを常に出せるように修正し、残りの2試合しっかり勝ってるように練習に取り組んでいきたいです。
・モリキ・リード
ブレイクダウンでもっとBKがプレッシャーをかけていくことができれば、FWの負担を減らすことができたと思う。プレッシャーをかけることでFWが返れる時間を作れると思います。ディフェンスで少しでも前に出ていきたいです。
・小野木晃英
自分のやるべきディフェンスでのしつこいプレー、アタックでのゲームコントロール、共に頭をクールにしてプレーすることができませんでした。
またチームとしてもペナルティを重ねてしまいリズムを作ることが出来ず今回の結果に至りました。
次戦はアタックでの自分の間合いを作り余裕を持つことと、ディフェンスでのワークレートの広さを意識的に広くすることをフォーカスして臨みたいと思います。
・眞野泰地
大事な場面でミスが起きてしまい勢いに乗りきれなかったことで引き分けという結果になってしまったと思います。
個人、チーム共に反省して次戦に向けて成長できるようにしていきたいです。
・望月裕貴
前半から思うようなプレーができず、チームとしてミスやペナルティーを重ねてしまいピンチを招いてしまいました。
それでも引き分けで次に進めることができたので、修正して次の試合に繋げます。
・酒井亮治
アタックがミスで終わってしまい、トライを取りきることができませんでした。ペナルティーも多く、試合の立ち上がりでの反応も遅く後手を踏んでしまいました。次の法政大学戦までに修正をしていきたいです。
pagetop