東海大学湘南校舎体育会
ラグビーフットボール部

menu

NEWS

関東大学ラグビーリーグ戦1部 vs日本大学マッチレポート

9月23日(日)2018関東大学ラグビーリーグ戦1部(以下リーグ戦)第2戦 日本大学戦がニッパツ三ツ沢球技場にて行われました。
先週の拓殖大学戦に続き、勝利を収めて何としても連勝したい一戦。
地元神奈川のニッパツ三ツ沢球技場で迎える日本大学戦。キックオフ時間が近づくにつれてジリジリと気温が上がった。午後12:30キックオフ。
東海大のスターティング15は、拓殖大学戦と同様フロントローに小野、加藤、中野。セカンドローに中村、小池、バックローに深見、西川、山田。ハーフバックスに山菅、丸山。ウイングに清水、望月。センターは小野木、アタアタ。フルバックには酒井。
1X6A3103.jpg
ー前半
日本大学のキックオフで試合開始。1分、試合開始早々アタアタのゲインからパスで左から右へと大きく展開。最後は清水のノーホイッスルトライで早々と先制に成功。今日も丸山は安定感抜群のコンバージョンキックを決め、7-0。8分、敵陣右側ゴールライン手前でラインアウトモールから加藤がトライ、14-0。20分、敵陣22mラインでラインアウトモールを組み、加藤→山菅にパスをつなぎトライ。21-0と上々の立ち上がりであったが、ここから試合の流れは日本大学へ。得点直後の敵陣22mラインでのラインアウトでノットストレートのミス、さらにその直後の相手ボールスクラムでもペナルティを侵してしまう。27分、日本大学のラインアウトからディフェンスが乱れついにトライを許してしまい、21-7。このまま前半を折り返すと思われたが、前半終了間際の39分、相手ボールをターンオーバーし、パスで展開を試みるも、インターセプトされそのまま独走トライを許してしまい21-14。試合序盤こそ主導権を握りながらゲームを進めることができたが、ミスからの失点が続きわずか7点差で前半を折り返した。
ー後半
前半終了間際に点差を縮められ、嫌な雰囲気が漂っていたが5分に敵陣ゴールライン手前ラインアウトモールから加藤がトライを奪い26-14。しかし、8分にラックで隙を突かれ、トライを許し26-21とその差わずか5点差まで詰められてしまう。悪い流れを断ち切りたい東海大は15分、5m付近ラックから山菅→丸山とつなぎ最後は望月のトライで31-21。その後は流れを取り戻し、28分にはこの日3度目のラインアウトモールから加藤がトライを奪い36-21。このまま得点を重ねたい東海大だったが、32分に日本大学にラインアウトモールからチャンスを作られ、トライを許してしまい36-28。その後は35分に望月、試合終了間際の40分にはアドバンテージで飛び出した相手を見て丸山がディフェンスラインの裏にキック、小野木がダメ押しのトライを奪い、46-28でノーサイド。
最終的に点差は開いたものの、自分たちのチャンスでミスが続いてしまい、終始落ち着かない試合展開となってしまった。
MOMには、再三ラインアウトで試合を優位に進めたHO加藤が選出された。
1X6A3797.jpg1X6A4929.jpg
【試合終了後選手コメント】
・主将アタアタ・モエアキオラ
先週に比べて、自分達のやりたいラグビーをすることができました。基本プレーの部分でまだまだ改善しなければならないと思いました。ミスを重ねてしまうと今日の試合のようにトライを取れる場面で取り切ることができなくなってしまいます。次戦まで1週間、時間が空くのでしっかり修正していきたいと思います。スローガンのMarginal gainsの通り、昨日より明日、今日の試合より次の試合で少しでも改善されている部分がなければならないと思います。一つ一つ積み重ねていくことができれば、1月の最後の時にチームを最高の状態に持っていけると思います。
・副将加藤竜聖
試合の入りは全員の意思が統一でき、やるべきことをやり切れていて、とても良い入りができたと思います。しかし、試合が進むにつれてスクラムをコントロールしきれず、日本大学に流れを持っていかれた部分がありました。後半は、修正してスクラムを組めていたが、前半から修正をしてスクラムを組んでいけるようにしていきたいです。次の試合でも自分達の強みである接点とセットプレーで試合を優位に進め、東海大学らしいラグビーをしていきたいです。
・FWリーダー西川壮一
前半の20分間は自分たちの強みを活かしながら、自分たちでコントロールできることをコントロールし、いい流れで試合を進めていくことができました。
残りの時間はトライを取って、取られてを繰り返してる中で、トライを取られるきっかけは全て自分たちのコントロール出来ることをコントロールできず、ミスを続けてしまいました。次戦までに精度の高いプレー、規律を全員で高めていきたいと思います。
・BKリーダー清水隆太郎
フィジカルが強い日本大学に対して、アタック、ディフェンス共に引いてしまう部分がありました。試合を通して前に出ようと話していたので反省しなければならないと思います。しかし、自分たちのミスでトライを取りきれない場面や、ミスが続いた後でも試合中にコミュニケーションを取り合い、修正できたことは前回に続き収穫だと思います。セットプレーでミスをしてもその分連携をとって補っていきたいと思います。
・小野広大
前半、立て続けに3連続トライで試合を有利に進めることができていたが、簡単なミスや、大事な場面でのペナルティーをしてしまい、
思うように試合を進めることができませんでした。スクラムでペナルティーを取られてしまい、そこから日本大学にチャンスを与えてしまいました。
先週の拓殖大学戦での反省が活かされていなかったので、もっと成長していきたいと思います。
・中野幹
フロントローとして、相手の強みであるセットプレーを圧倒することで流れを掴もうと挑みました。結果はまだまだで、東海のセットプレーは本当の武器にはなってないと感じています。
自分たちのセットプレーをどんな相手と戦っても圧倒できるレベルまでチーム全員で積み重ねて本当の武器にしていきたいと思います。
個人的にも一戦一戦成長していけるよう、練習に取り組んでいきます。
・中村匡汰
まず、勝って反省できることに感謝して、その中で次の中央大学戦に向けて修正できるところを修正していきたいです。
ラインアウトでは焦ることなく、視野を広く持ち、自分たちのリズム、基本スキルをしっかりとやっていれば獲得できると確信しました。
個人的にはもっとアグレッシブにアタック、ディフェンスともにプレーしていきたいと思います。
・小池隆成
先週の拓殖大学との試合で出た反省を活かして、ラインアウトモールや相手に対して低くあたることを意識して試合に臨みました。意識していたことができていた場面もあったのですが、低くあたりすぎて倒れてしまったり自分の良さを出せていない場面も多くありました。今回の反省を次の試合までに修正し、メンバーに入れるよう準備していきたいです。
・深見瑠希
今回の試合は前回と違って、自分たちの支配している時間が短く、自分たちで試合を崩してしまいました。前回の課題を改善できていることもありましたが、前回出来ていたことが出来ていなかった所もありました。自分たちに厳しく、日々の練習からステップアップして行く必要があると思います。
・山田生真
日大戦は最初は自分たちのラグビーができ、セットプレーでも強みを活かすことができました。しかし、ミスからの失点や大事な場面でのミスが目立ちました。
個人としてももっとミスを減らし、アタックで前に出て、試合終盤などチームが苦しい時に激しく粘り強いプレーができるように成長したいと思います。
・山菅一史
先にトライを奪い、早々と3トライ差をつけることができましたが、その後チームとして緩みが出て、簡単にトライをとられてしまいました。
シーズンが深まったゲームでは、その少しの緩みが負けに繋がるので修正したいと思います。
試合終盤の体力的に、きつい場面でのパス精度、ゴール前のFWコントロールを次戦に向けて修正していきたいです。
・丸山凜太朗
試合序盤は東海大の時間でした。ですが前半の途中から僕らの甘いプレーから日大にリズムを掴まれて接った試合になってしまいました。
しかし勝てたことは良かったです。
勝ってたくさん反省できることをプラスに考えています。プレーの精度をまだまだあげないといけないと感じました。
ゴールキックの精度、インプレーでの精度を高めていきたいと思います。
・小野木晃英
アタック、ディフェンス共に周りが見えないシーンがあったので、自分の間合いを持って余裕あるプレーを心がけたいです。次の中央大学戦まで少し時間があるので
いい準備をしてベストコンディションで臨みたいと思います。
・望月裕貴
前半の3トライまでは東海大が完全にペースを握っていました。
ですが、前半の半ばを過ぎた頃から自分たちのミスで相手に流れが行ってしまい、自分たちのミスで自分たちを苦しめる展開になってしまいました。
自分としてはもっと細かい部分のプレーの質を高めていきたいです。
・酒井亮治
試合開始早々3トライを取ることができ、良い入りができました。
しかし、リードした状態で、トライを取り急いだり、ペナルティを重ねてしまい、流れが悪くなりました。
日々の練習から、どれだけ細いか部分までこだわっていけるかが今後大事になってくると思うので、次戦までに少しでもチームとして、個人としても成長して試合を迎えたいです。
pagetop