ラグビーのルール

ラグビーのルール

人数

ラグビーは15人で行われる。その中で、フォワード(FW)8人とバックス(BK)7人に分けられる。
リーグ戦などの公式戦では、そのほかに8人のリザーブ(交代選手)が登録されている。
※オリンピックでは7人制ラグビーが採用された。

ラグビーの人数

時間

試合時間は前半40分・後半40分の合計80分。ハーフタイムは10分。

時計

ポジション

ポジション

用語解説

  • トライ

    攻撃側のプレーヤーが相手側のインゴール(ゴールラインとデッドボールラインの間)にボールをグラウンディング(接地)することで成立する。

  • コンバージョンキック

    トライのあとに狙うゴールキックのこと。ゴールポストのクロスバーを越えたときに成功となる。

  • ペナルティゴール

    相手の反則により得られたペナルティでゴールを狙うプレー。
    成功すると得点になる。

  • スクラム

    相手のミスや反則でプレーが止まったらスクラムで再開される。

  • ラインアウト

    ボールがタッチラインの外に出たらラインアウトで再開される。

  • タックル

    ボールを持っているプレーヤーをディフェンスする方法。

試合中によくある反則

ノックオン

ボールがプレーヤーの手または腕に当たり、前に落とすこと。

スローフォワード

ボールを前に投げたりパスをすること。

ノットリリースザボール

タックルされて倒れた選手がボールを手放さないこと。

電光掲示板

電光掲示板の説明図
  • SEAGALES
  • SEAGALESの選手紹介
  • 2014シーズン開幕
  • JUCOLA
  • 東海スポーツ
  • DNS