カウンター

キャリアマネージメントプログラム

働くを考える

1. なぜ就職活動が大切なのか

なぜならば...

あなたはこれからの人生の40%を

自分にとって"楽しいこと"を「仕事」にするか?
"辛いこと、つまらないこと"を仕事にするか?

この選択の時期に来ていると言うことです。
「めんどくさいから」「どこでもいい」「何をやりたいかわからない」
でも、最後は仕事や会社は選べますが 良い人生を送りたいとは思いませんか!

就職活動の心構え

1. 就職活動とは何か?

昔は「就職」というよりは「就社」という時代でした。
何をしたいか明確でなくても、誰もが知っている企業に入ってから、
自分に出来る「何か」を見つける余裕がありました。

でも、今は違います。
誰もが知っている"一流企業"でも先が見えない不安定な時代です。


さぁ現役の諸君どうする?・・・まずは冷静に考える。

  • ①今まで生きてきた人生より長い間働く!
  • ②1日のほとんどを働く時間で費やす!

自分が「夢中になれること」や「好きなこと」に出会えるのか?

自分に「できること」や「やりたいこと」は何か?

就職活動はある意味「自分探し」のスタートかも知れません

2. 考えなければいけないのは「企業側の論理」

企業はどんな一流大学でも「東海大」でも「企業が欲しい人」を選びたいだけ! 採用担当者は「プロフェッショナル」です。
「良い人材を採る」ことが目的ですので、「ただOO会社に入りたい」ではダメです。
しかも、同企業へのアタックチャンスは1回で、最終で落ちることもあります。

ラグビーに例えると「花園の予選」みたいなもので、ほとんどのチームは出場出来ません。

一流大学は「Aシード」、企業にコネがある人は「Bシード」、通常は「ノーシード」
但し、必ずシードが勝つとは限らないのです!

だからこそ事前に準備して「君みたいな人材が欲しい」「当社で活躍して欲しい」と言わせなければなりません。 でも、現実は厳しいです!
「とにかく落ちまくる」・・・自分自信を見失うんですよ。

だからこそ自分の「アンカー」をしっかり築くことが重要になるのです。
                ※アンカーとは「心のよりどころ」

就職活動の全体像

1. 就職活動の全体イメージ

2. キャリアマネージメントプログラム活動内容